こんばんは、2号です。

メルボルンを満喫し、明日からの長距離運転に備えるために今日の夕食は「オージービーフ」!!
ようやく大型スーパーで食料の買い出しもできたので、気分ウキウキで帰宅。

夜のWindsor Stationもオシャレなレストラン・Barが多くあり。
観光地じゃない、こーゆうローカルな場所ってなんかいいですよね。

night

night2

では、本日の夕食はこちら。
「ビール」「パスタ」「ビーフ」「BEER」笑

パスタ💲1(Colesオリジナルブランド)
パスタソース💲1.7

オーストラリアでは牛が一番安い気がする。
こんな感じの赤身のステーキ2枚で💲8-13ぐらい。

もちろん、かぶりつきます!!

night3

先述したように、この日はビールの日でもある。
Colesの隣にあるオーストラリアの酒屋チェーン「LIQUORAMD」ではまとめ買いが断然お得。
持てるなら箱買いしましょう。

本日は24本で💲30のものを購入(これがオーストラリア最安値だと思う)

よし、これから夜な夜な飲み明かすんだ!!

明日は、アデレードまでいくので早朝5~6時には出発しないと。
メルボルンーアデレード間=730㎞(約8時間)
飲み明かして、熟睡するんだ!!

と思っていたが。。。
そんな私たちの睡眠を邪魔する大問題が発生。

それは「クレイジーなホテルの滞在者」。
そいつは、突然現れた。

夕食を作っていると、

「コンコン」とノック音。

ホテルの人かと思い出てみると、
「Hi,Brother」といきなり握手を求め手が近づく。
(1号いわく、超大きい西洋人)

とっさに、こいつはヤバい!!!と1号・3号の本能が働きドアを締める。
(私はケトルでパスタを茹でる事に必死の為、状況についていけず、、、)

そう、やつは薬でハイになっているヤバいやつ。。
金くれって、言ってくるヤバいやつ。。。

超叫んでるし、ドアをバンバン叩くし、フロントに電話しようとしても電話壊れてるし。

おい、おい、今日は楽しい宴 with オージービーフなのに。
おい、おい、頼むぜジャンキー。。。

3号が英語であっちにいけ的な事を言っているが、最後は「あっち行けや、あほ!!」と関西弁で抵抗。

抵抗むなしく、定期的にノックが来る。
夜間はジャンキーの相棒(きっと彼女)ともう一人の男とケンカをしながら廊下を徘徊。

「マザーファッカー」と本気で叫んでいる。

怖いぜ。

楽しい宴が、、、、、。
と思いながらできる限りで楽しくオージービーフを楽しむ私たち。

night4

叫び疲れて、早く寝ていただけないかしらと願いながらひとまず就寝。
結果、朝方までジャンキーの発狂は続くのでした。

寝不足や!!

と思いきや、1号以外は結構熟睡出来たのでした。笑

翌日1号に話を聞くと朝まで叫び声とノック(というよりドアを蹴る音)が凄かったそうです。。