こんにちは、2号です。

私達の2日目の滞在先は「リンダアパートメント」。
住所:25 Redan Street Melbourne, 3182
リンダアパートメントの詳細はこちらから

ホテルのスタッフに
「could you tell me where we are now??」と質問。
苦笑いしながら優しく、現在地を教えてくれる。
さぁ、どこにいくか。
ホテルにある無料パンフレットを見ると、メルボルンは大きく分けて3つのエリアに分かれている。

「ベイエリアのSt Kilda」「商業・行政の中心となっているSouth Melbourne」「落ち着いた港町のPort Melbourne」

メルボルンの観光はこちらをチェック

オーストラリアに来たのにまだ、海を見てない私たち。

 

ホテルからもトラムで簡単に行けそうな、St Kildaに行くことに!

トラムの乗り方は、もちろん分かんない。

停留所の案内を確認。

TRAM

よぉ、わからん。
そんなこんなで、トラムが来たぞ!!
車掌さんからキップを買えば良いだろうとまず、乗車。

車内で切符の販売はしていないと、なんだと!?

メルボルンではバス、トラム、電車に乗る際には「mykiカード」というSuicaのようなカードが必要らしい。

まずこれを購入しない事には、乗車できないと。。。

**メルボルンの公共交通機関について**
バス、トラム、電車が市内全体に網羅されているメルボルンの街。
各駅や運転手さん
から一回分のキップは買えず、どこに行くにもまず必要なのはmykeyカード。
日本のsuicaのようなもの。

このカードが7$。
街のセブンイレブンか、電車の改札の自動販売機で購入可能。
自動販売機は、分かりにくいのでセブンイレブンで購入した方が良さそう。

私達は、交通機関の使用は街への往復だけだったが仕方がなく購入。
Suicaのように、使わなくなったら返却・返金があれば良いのだが。
もちろんなし。

いつか、メルボルンを再訪問した際に使う事に期待して保管。

************

どうすんだよ?と思っていたら今回だけはタダで乗せてくれることに!
はぁ、優しい運転手さんでよかった。

駅名のアナウンスもないのでMAPをみながら、今から「4つ目の駅」と原始的に数える私たち。
車内はこんな感じ。

TRAM2

ただ乗りでも、堂々と!!笑
乗換え、またmykiが売ってるセブンイレブンもあるbalaclava駅でトラムを下車。
再度、ありがとう車掌さん!!

ここの駅がなかなか洒落ている!!
可愛いCafeも沢山。

まずは駅が可愛い:)

Station

本格コーヒーショップもあり。

COOFFE SHOP

「THE COFFEE COMPANY」
1969年から家族経営している、伝統あるコーヒーShopのようだ。
豆も買えるし、もちろんカフェも併設されている。
残念ながら、16時ごろには閉まってしまうので今回は見送り。

THE COFFEE COMPANYの詳細はこちら

無事にセブンイレブンでmykiも購入。
いくら分チャージしたら良いか分からないので、定員さんに「海まで行く」と伝える。
「大体4ドルぐらいじゃない?」とのアドバイスをもらい、4ドル分だけチャージしいざ出陣!!

ちょうど目の前にトラムが止まる。
「あの、トラム!!」と1号。

飛び乗る私たち。

目指すは「KILDA BEACH」!