こんにちは、1号です。

皆さん、「自由になりたい!」と一度は口にしたり考えたことがありますよね。

私は常日頃から考えています。笑

では、『自由』とはいったいなんでしょう・・・?

私たちが自由を欲しいと言うときは、単に自由が欲しいというのではなく、具体的な願望があるはずです。

例えば、何もせずに1日過ごしたいと言ったとしても、寝ていたいとか、テレビを観たいといった具体的な願望があります。そして、それを妨げられたときに自由でないと思うのです。

ビクター・フランクるという心理学者は、自由であるかどうかは、毎日の生活にどのような目的を持っているかによって決まってくると言っています。

彼はそのことを第二次世界大戦の時の、ドイツ強制収容所での自らの体験から次のように語っています。

 

「強制収容所で生活を送った私たちには忘れられない仲間がいる。誰もが飢えと重労働に苦しむ中で、みんなに優しい言葉をかけて歩き、ただでさえ少ないパンの一切れを体の弱った仲間に分け与えていた人たちだ。そうした人たちはほんの数人だったにせよ、人間として最後まで持ちうる自由が何であるかを、十分に私たちに示してくれたのだ。あらゆる物を奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた宿命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である。」

人生の目的は、言い換えると1度きりの人生を何の目的で、具体的にどのように過ごしたいかという願望だと思います。

これから海外生活(留学、ワーキングホリデー)を目指される方は、自分の人生をどう生きたいかを深く考えてみてください。

それにより、あらゆるものから解放され、自分の価値観で物事を選択していく力がついていきます。