こんにちは、1号です。

前回の続きです。

今回は、自由と意思→生き方についてふれてみようと思います。
これは、私の尊敬する方に話していただいたことです。

私たちには、大きく分けて2つの生き方があるかと思います。

1つは、周囲の状況によって自分の人生をコントロールされる、反応的な生き方。もう一つは、今の状況を他人のせいにせず自分の選択した行動として主体的に責任を持つ生き方。これを自由な生き方とも言います。

反応的な生き方をしていると、
➀すぐに気分を害する
➁人を非難する
➂腹を立てて、後で後悔するようなことをついつい言ってしまう。
➃哀れっぽく愚痴を言う
➄何かが起こるのを待っている。
➅そうせざるを得ない時だけ変わる。

一方、主体的な生き方をしていると、
➀すぐに気分を害さない
➁自分で選んだことに責任を持つ
➂行動する前に考える
➃何かあってもすぐに立ち直る
➄必ず方法を見つけて事を起こす
➅自分でできることに目を向けて、出来ないことは気にしない

主体的な人と反応的な人は、普段使っている言葉にも現れてきます。

➀「それが私なんだ。どうせ私はそういう人間だよ。英語なんて話せるわけがない。」・・・その心は・・・自分のすることに責任はない。自分は変われない。生まれつきこうなんだ。

➁「家族の反対さえなければ」・・・その心は・・・自分の問題の原因は全て家族にある。

➂「君のせいさ。おかげで一日台無しになったよ。」・・・その心は・・・自分の気分は自分ではどうにもならない。相手次第だ。

➃「もっといい友達がいて、もっとお金を稼いで、もっと気の利く彼女がいたら幸せだったろう。」・・・その心は・・・自分の幸せは自分ではどうにもならない。幸せは金と他人による。

人の身に起こることで、どうにもならないことは確かにあります。

天候や、肌の色や、生まれた環境や、過去の失敗や、両親の対応や、人の態度や、人の考え方を自分で変えることはできません。
でも、1つだけどうにでもなることがあります。
毎日の出来事をどのように受け止め、どう対処するかは自分次第です。
自分でどうにもならないことを気にしてもしかたがありません。

まずは、過去や情報にとらわれずゼロの地点に立つこと。
そしてあなたの「宿命」を受け入れることです。
そして未来を強く想像することです。
「運命」は青天井に自分次第で如何ようにも築けるものです。

あなたの目標はなんですか?
この目標の持ち方次第で、情報に左右され、迷い、愚痴を言い続ける人生から、エンジョイする人生に変わっていくはずです。

私も、常日頃から「全ては自分次第」と思い生活を心がけています。
少なからず、この話を聞いてから日々の生活が変わったかと思います。

皆さんもぜひ心がけてみてください。

前回の記事
自由と意思➁