こんにちは、1号です。
数年前、私がまだ留学をするなんてこれっぽっちも考えてなかった頃、『留学』したいかと言われたら、「全くしたくない!」と答えていたと思います。

なぜなら、、

お金がかかるし。

英語なんて必要ないし。(英語なしで生活できるし)

再就職が大変そうだし。

日本が好きだし。

必要ない(したくない)理由はいくらでも出て来たかと思います。

でもホンネは・・・

英語も好きではなかったし、単純に敷居の高い世界だと思っていたのです。

もし当時、英語の問題がなくて、留学の仕方も知っていて、留学の魅力も知っていて、お金の問題も考える必要が無いという条件が整っていたら、「留学したい」と答えていたと思います。

なぜこの話をしたかと言うと、これは人間の心理だと思うからです。

人間は手が届かない世界に触れると、自分の負けを認めたくないために、それを要らないものに置き換えるメカニズムが働くようです。

例えば・・・

5億円の豪邸が欲しいですか?

って言われた時に、欲しい!って思う前に

掃除が大変、寒い、部屋数いらない、といった要らない理由が沢山出てくる人がいます。
有名人になりたいですか?

と聞かれて、

プライバシーがない、プレッシャーがすごい、安定しない、といったなりたくない理由が先に出てくる人もいます。
ですがそれは、本音ですかって聞かれたらそうではないかと思います。

手が届かないものを要らないものに置き換えているのです。

お金があれば、有名になれるのであれば、欲しい!なりたい!というのが本音かと思います。

ですので皆さん、今後誰かに留学についてのアドバイスを受ける際、断念してしまった方ではなく経験者のアドバイスを求めたほうがいいかと思います。

ただ留学って必要ない、という留学不要論を振りかざす人に限って、留学した経験がないことが多かったりするものです。

そんな人の言葉で、せっかくの留学の志が失われてしまうなんて、とても残念ですので。。。

もちろん断念してしまった方の意見も参考になる場合もあります。(すべてがネガティブな断念ではありません)
ですので、もしあなたが留学を志していて、留学が不要だという人に出会ったら、その言葉はどこから出てきている言葉かを冷静に見極めるようにしてみて下さい!!