心構えとして

以前、オーストラリアでのファームジョブの基本情報をお伝えしました。
(ファームジョブ初心者向け:基本情報はこちらから)

ネット社会の昨今、容易に情報の”受信”が可能となっているのは皆さんもご存知ですよね。
つまり、簡単に情報”発信”ができる現状を念頭にいれておいていただきたいのです。
「みんな楽しく過ごしています!」「ガッツリ稼げます!」や”日本語対応可能=日本人だから安心”などとその場ですぐに決めないでください。
しっかり吟味して、ここのファームは安心できるという理由が揃うまで質問することが重要です。

 

私がファームジョブを決めるまでの経緯

まずファームのところまで行かなければいけません。時期によっては「仕事がない!」なんてことも少なくありません。私の場合、CabooltureというBrisbaneから車で40分位離れた場所でした。また、現地に到着して翌日すぐ働けるのか、仕事はあるのかを事前に質問していました。ですので、まずは仕事のしたい時期にどこに行けば仕事があるかを調べることから始めましょう。

私は、オーストラリアの日本人向けサイト(日豪プレス)でイチゴピッキングの求人を見て、
日本人の担当の方にSNSのLINEでメッセージでやり取りを始めました。

・すぐに働くことは可能か
・行く時期の仕事内容
・行く時期の仕事量
・ノーティスに関して
・給与制度の再確認
・ファーム風景・ステイ先の写真を送ってもらう
・ステイ先の住所
・仕事上の必需品

以上、私の質問事項です。

 

<重要事項>

質問事項としては、誰でもいいのでファーマー(そのファームで働いでいる人)の連絡先をもらうこと。
なぜかというと、冒頭でもお伝えした通り、ネット上のカジュアルな求人情報程度であれば何でも書けてしまうからです。
求人情報や手配している日本人・韓国人から良し悪しを決めるのではなく、実際に現地で働いている人の生の情報をゲットするようにしましょう。