オーストラリア都市別情報

オーストラリアへのワーキングホリデーや留学を考えるとき、どこの都市がいいのかお悩みになるかと思います。
各都市によって、雰囲気も違えば様々な特徴がありますので、なんとなくで決めてしまったり、留学エージェントに案内されるがままに決めてしまうのはよくありません。
そこで、こちらではどんな都市があり、どんな特徴があるのか簡単にご紹介しますね。

<シドニー>

SYDNEY

・オーストラリア最大の都市で、日本でいう東京的な存在。
・ショッピング、レストラン、観光などすべてが揃う人気の町。
・他の主要都市に比べて、日本人が働けるアルバイト先は一番多い。
・オーストラリア最大の都市がゆえ、家賃や物価は高め。
・学校に通われる方は、幅の広いチョイスが可能。

~シドニーの総合評価~
生活費は割高になりますが、それ以外での総合評価は一番高いと思います。
大都会ではありますが、大都会と自然が融合している街です。

沢山の学校から選びたい方はシドニーが合っているかもしれません。
また、お金に困ったらシドニーに行けば仕事は見つかるかと思います。

~こんな人におすすめ~
都会と海の両方楽しみたい、仕事がしたい、おしゃれな都会が好き

 

<ブリスベン>

image

・オーストラリアで3番目に大きい都市
・有名大学や専門学校が多い。
・シドニーに次いで学校が多い。
・活気のあるビジネスタウン。
・おしゃれなカフェが多く学生も多い

~ブリスベン総合評価~
公共交通機関も発達しており、暮らすには大変に便利です。

語学学校については、希望する学校が見つかりやすいかと思いますが、ブリスベンは観光客が多く行き交う地域ではありませんので、観光客をターゲットとした仕事は少なめです。
よって、ジャパレス以外は語学力がないと仕事を見つけるには難しいかもしれません。
ただし、ブリスベンには農業地域が多数ありますので、『ファーム』仕事に就きたい場合は見つかりやすい都市と言えます。

~こんな人におすすめ~
都会が好き、日本人の少ない都市がいい、英語をしっかり勉強したい、ファームの仕事をしたい

 

<ゴールドコースト>

COLDCOAST

・気候が穏やか。
・サーファーズパラダイスという有名なビーチがある。
・観光客が多いため、人がフレンドリー。
・日本人が多い。

~ゴールドコースト総合評価~
温暖で大変居心地が良いため、優雅な気持ちで過ごすことができる都市です。
ブリスベンと同様、1年を通じて温暖なため、気候が温暖なせいか暮らす人々も温かく親切です。
また、ゴールドコーストは移民者が多い地域ですので、非常にフレンドリーに接してくれる印象を持つと思います。

観光地として世界的に有名な地域のため、アルバイト先は比較的多く、飲食店や観光業・ホテルなどのお仕事が見つかりやすいです。
ただし、日本人の滞在率は高めのため、語学学校内においても日本人率は高めとなる可能性があります。

~こんな人におすすめ~
ビーチが好き、サーフィンをしたい、友達をたくさん作りたい、仕事がしたい、日本人が多い方が安心、英語初心者

 

<ケアンズ>

CAIRNS IMAGE

・日本からオーストラリアまでの一番近い都市。
・年中常夏の都市。
・熱帯雨林、グレートバリアリーフの2つの世界遺産に囲まれ、世界的に有名なダイビングスポット。
・非常に小さい都市で、半日もあれば街全体を歩ける。

~ケアンズ総合評価~
生活をするには他の主要都市に比べて家賃や生活費が安くなるかと思います。

公共交通機関はバスのみですが、本数も非常に少ないです。
街の中心部の周辺には安価なシェアハウスが多くあり、自転車があれば生活ができる大変便利な環境です。

小さい街ではありますが、観光地ゆえにアルバイトができる飲食店やお土産屋、旅行関連の仕事も多く、自然豊かな田舎に住みたい方にはうってつけの都市です。

語学学校については、どうしても日本人率が多くなってしまうので、日本人の少ない学校に通いたい方には不向きかもしれません。

~こんな人におすすめ~
海が好き、ダイビングが好き、海外初心者、仕事をしたい

 

<パース>

parth

・西オーストラリア最大の都市。
・開放的な雰囲気で広い空と海を満喫できる。
・東海岸に比べると学校の数は少ない。
・経済成長が著しいため、物価が高い。

~パース総合評価~
パースはそれほど都会でも無く、かといって田舎でも無く、静かな街で、勉強をするには良い環境と言えるでしょう。
ただし、学校に通われる方は、物価が高いため十分な生活資金が必要です。

西オーストラリアには見どころが沢山あり、イルカと一緒に泳げるモンキーマイヤや、ジンベイザメを見ることができるエクスマウスなど有名です。

仕事については、西オーストラリアは農業地域が多いので、ファームで働きたい方には向いているかと思います。

~こんな人におすすめ~
のんびり暮らしたい、日本人が少ないほうがいい、海が好き、ファームで働きたい

 

<メルボルン>

melborun

・オーストラリアで2番目に大きな都市。
・ヨーロピアンテイストな街。
・おしゃれなカフェが沢山。
・冬の時期はとても寒い。
・他の主要都市に比べ日本人比率が低い。

~メルボルン総合評価~
メルボルンにはイギリスの統治下だったことを思わせるブリティッシュ様式の建造物が今も数多く残っています。
街にはおしゃれなカフェやパブも多く、ヨーロッパ好きの方にもオススメです。

街には観光用ではありますが馬車も走っており、公共交通機関も、電車、バス、路面電車のトラムも走っており充実しています。

語学学校に通うには非常にオススメな街で、日本人比率の少ない学校も多数あります。
また、バリスタコースを受講し、卒業後はローカルのカフェで働きたい人にはオススメ街です。

~こんな人におすすめ~
バリスタの資格を取りたい人、おしゃれな街が好き、ヨーロッパのような街並みが好き、カフェで働きたい