こんにちは、「オーストラリアでワーキングホリデー中」の2号です。

現在、イチゴファームで働いています。
働き始めて3週目です。

写真 3

確実に出荷の【ピーク】が来ている8月中旬。
当初、2-3日勤務で1日休みというローテーション→ピークがきたら10日連続勤務になる可能性もあり。

という事でしたが、3週間目で休みは3回。
稼ぎたい私たちには、忙しさは嬉しい悲鳴でもあります。

でも、この日々は少し辛いなとも感じる今日この頃です。

今回は私が言う、【この日々】を実際の1日のスケジュールでお伝えします。

これから、イチゴファームで働こうと思っている方!実際の生活スケジュールを見てファーム生活のイメージがついていただければと思います!

【イチゴファームの1日】

時間項目
5:00~6:00起床&朝食&身支度&ラジオ体操
6:00~6:40車でイチゴファームへ移動
7:00~仕事開始
9:10~9:301回目の休憩
9:30~12:00仕事
12:00~12:30ランチタイム
12:30~15:30仕事
16:30帰宅&シャワー&自由時間
18:00~夕食準備&ネットタイム&ストレッチ
21:30就寝

【起床→ファームで移動】

イチゴファームの朝は早い為、5時に起床。
朝食はしっかり食べます。
レギュラーメニューは「ラーメン」「カレー」。

昼ご飯を作って

FARM

準備完了!!

保冷効果のあるランチボックスカバンがあると便利です。
イチゴを摘むときに、使い捨てのビニール手袋も忘れずに持っていきます。

FARN2

5:50からはみんなで「ラジオ体操」を実施。
またストレッチもし朝から100%で動ける準備をします。

ここで役立つのが「ホットパック」(黄色いやつです)。
薬局で$10~15で購入できます。
レンジで温めて、ストレッチ。最強です!!

FARM14

服装はこんな感じ。
女性はやはり、日焼け対策を考えた服装になりますね。

FARM9

私は、ロングTシャツ+Tシャツ+スパッツ+長靴+キャップ+ウィンドブレイカー。
音楽を聴きながら働くのでミニウエストポーチを付けてます。
結構、ラフな感じでGパンとかでやっている人もいます。

男性は、日焼けをあんま意識しない為かTシャツ+ハーフパンツ:長ズボン+運動靴。
の人が多い気がします。
素足の人もちらほら。

FARM7

6:00に、同じファームで働く違うシェアハウスのファーマーと同乗し、私たちの職場・イチゴファームに向かいます。フリーハイウェイを使い、約30~40分の道のり。

運転手には申し訳ないが、移動中は寝ています。

【仕事開始】

収穫したイチゴの管理は番号付のリストバンド。
朝、自分の番号のリストバンドをつけ・番号の入ったトロリーを押し、スタート地点へ移動。

FARM5

時には、トロリーを押して5分ぐらいファームを移動することも。
トロリー大移動。

写真 4

また、昨日の収穫で問題があると(まだ赤くなってないイチゴを採る、イチゴのヘタがない状態で出す等)オージーのボスのお怒りがあってから仕事開始。

ここのファームは台湾人・香港人・韓国人がメインでスーパーバイザーは台湾人と韓国人。
ボスの言葉をスーパーバイザーが訳すが、少数派の日本人は対応外の為、そそくさトロリーに移動し、そそくさ仕事開始。

【一回目の休憩→仕事開始】

大体2時間ぐらいすると、1回目の休憩!!
歩合制の仕事の為、休憩中もイチゴを採ろうとするファーマーも沢山いる。

このファームではそれは「フェア」ではない為、禁止されている。
最近は、休憩中はトロリーから離れるよううるさく言われる。

ここでしっかりと休憩を取らないと、その後きつくなるのでイチゴを取りたい気持ちは抑えて休憩。
朝ごはんはしっかり食べたが、チョコバーやドーナッツを頬張り、しっかり水分補給し後半に備える。

【ランチタイム→仕事開始】

また2~3時間すると待望のランチタイム。
ここまでの、収穫の進み具合であと何時間で帰れるのか、どこまでやるのかを推測しつつ昼休憩へ。

基本的には、サンドイッチを持ってきている人が多い印象。
だが、韓国人はご飯+キムチのお弁当を持って来てたりも。

私たちは「ハム+チーズ」のサンドイッチを毎日食べてる。
また、プラスで手作りイチゴジャムのサンドイッチも持っていく。

芝生の上で、ランチタイムスタート。

FARM10

FARM8

トイレは、男子はその辺で。
女子はファーム内にある簡易トイレ(汚い)か、パッキング工場の隣のプレハブのトイレ(普通)まで歩く必要が。
面倒くさいけど、行かないと大変なので少し歩いてでも行きます。

時には、芝生で大の字になり休憩し。
ラストスパートに備えます。

【仕事終了→帰路へ】

長時間働くと、体力がある人とそうでない人でかなりの差が出てきます。
最後は、早く終わった人が後ろからヘルプに入ったりしながらすべての列を終わらせます。

収穫したイチゴ以外に、腐ってたりと出荷できないイチゴを集めた「ラビッシュ」を回収。

明日のスタート位置が分かっている場合は、トロリーを移動し。
そして自分のリストバンドを返して、仕事終了。

ぐったり。

FARM11

この時に、昨日の各自の収穫量のサマリーが出てくるのでチェックして乗車・帰路へ。
運転手には申し訳ないが、帰りも車内で爆睡です。

【帰宅】

16:30頃、帰宅。まずはシャワー。泥と埃と汗を洗い流してコーヒータイム。

私のシェアハウスは幸運なことに「違うファームでパッキングの仕事」「違うファームでピッキングの仕事」「私たち」という生活リズムが若干ずれている同居人たちで構成されているんで、シャワーの時間や食事の時間がずれているのでキッチンの取り合い等は特になし。

夕食の時間が重なるときは、おかずのシェア等して仲良く過ごしてます。
ちなみに9人(日本人3人・韓国人6人)で住んでます。

最近は、コーヒーではなく特製イチゴジュースを牛乳で割って「自家製イチゴミルク」を飲んだりしてファーム生活を楽しんでいます。

手前の赤いのがお手製イチゴジュース。牛乳とヨーグルトと混ぜるとGOOD!!

FARM12

【夕食・就寝準備】

18:00頃にはお腹が減ってくるので、夕食準備スタート。
基本的にはご飯に合うおかずをメインに作ります。

カレー・シチュー・タコライス・ガパオ等
たまには、オージービーフをたらふく食べたり。

買い出しは、週に1・2回。
同居人が車を出してくれるときは重いものを購入し、その他は徒歩30分かけて買い出しに行きます。

その後、再度ブログを書いたりし。
ストレッチを入念に行い21:30~22:00には就寝。

明日に備えます。

【まとめ】

写真

現在、こんな感じの1日を過ごしております。

一番のピークには労働時間が6:00-18:00になるとの噂も。
今は、まだ少し余裕があるので今のうちに時間を大切にファーム生活を過ごそうと思います。

今回、イチゴファームでの1日の生活をご紹介しました。
ファームで働く際の、シミュレーションとして参考にしていただければと思います。

では、また。