皆さんご存知だと思いますが、2015年8月31日以降のセカンドワーキングホリデービザの申請書類に変更がありました!!

今後は申請時に「給料明細・Pay Slip」の提出が義務化されました。
オーストラリアでセカンドワーキングホリデービザを取得検討中の方は必読です。

虫メガネ

 

【変更点】

2015年8月31日以降のセカンドワーキングホリデービザ申請時に「給料明細・Pay Slip」の提出が義務化。

【公式発表】

下記、政府ホームページより変更点を抜粋します。

second

①2015年8月31日からセカンドワーキングホリデービザ申請時に「給料明細・Pay Slip」の提出が義務化。
②2015年8月31日以前に働いた機関の給料明細はいりません。
③セカンドワーキングホリデービザの申請がオンラインの場合は、給料明細をスキャンし添付。郵送での申請の場合はコピーを提出。

【必要書類】

下記がオーストラリア政府の公式発表のセカンドワーキングホリデービザ申請時の必要書類です。

second2
赤の枠内は基本的に働いているファームに用意してもらうものです。
青枠は自分で用意するものです。
Australian bank statement covering the period of declared specified work=実際に勤務した期間中の銀行の取引明細。

*バンクステートメント(Bank Statement)は、英文で口座名義人の氏名、住所、預金残高などが印刷された取引履歴で、クレジットカード会社の取引明細のようなものです。
引用:香港ビジネスガイド

【ファーム探しの必須ポイント】

 

今回の、セカンドワーキングホリデービザ申請に関する変更によってファームを探す時には必ず
給料明細(Pay Slip)がもらえるかを事前に確認してください。

給料明細

ない場合は、セカンドワーキングホリデービザの申請ができなくなりますので必ず確認をしてください。

【WWOOFに関して】

給料明細の提出の義務化により、2015年8月31日以降にWWOOFのファームを探し始め、就労を開始する方はセカンドワーキングホリデービザの取得ができなくなりました。

9月1日から就労を開始した方でも、8月31日までにファームの受け入れが決定していれば(既にホスト先が決まっている、開始日が決まっている、セカンドワーキングホリデービザを取得したい旨を伝えている等)セカンドワーキングホリデービザの申請が可能です。

例)9月15日から就労開始することが8月15日に既に決まっていたら申請可能。
WWOOFオーストラリアホームページはこちらをチェック

 

 

【政府の思惑】

オーストラリアにおける、セカンドワーキングホリデービザ制度が始まってから今回が初めての大きな変更となります。
ファームの中には、悪質なファームが多いのも事実です。

給料手渡し=ファームにとっての節税対策となっていたりもします。
このような悪質ファームを排除する為の策と考えているのではないでしょうか。

この変更が、悪質ファームの改善に繋がり私たちワーキングホリデー生がファームで安心して働けるようになればいいですね。

【まとめ】

写真 4

今回の、セカンドワーキングホリデービザの申請書類の変更に関して
「今まで働いた分がカウントされなくなるのでは??」

と焦った方も多くいたと思います。
変更時は情報が錯綜しますが、信頼できる情報は政府の発表です。

焦らずに、しっかりと情報収集をし自分の目で確かめましょう。

今後、オーストラリアでセカンドワーキングホリデービザ取得を検討中の方は必ず【給料明細・Pay Slip】がもらえるファームを探しましょう!