こんにちは、留学エージェントAusweltの田中です。

タイトルにある通りですが、皆さん日本のパスポートがどれだけ凄いか考えたことがあるでしょうか。

先人たちが築き上げ、豊かとなった日本。

私たちが海外旅行など行く際に「普通に」使用しているパスポート。

実はもの凄いのです!

f08cc3cb9f6e5a73e4fea67336791b57_s

 

今現在、日本が承認している世界の国の数は195ヶ国。(外務省HP参照)

この国数のうち、日本人がパスポート1枚で行ける国の数は、なんと170ヶ国!!

世界で第4位です。

1位はイギリス、フィンランド、スウェーデンの3国で173カ国。

1位と3ヶ国しか差がないことを考えると、最強のパスポートの1つと言えますよね。

 

と、言われてもピンとこないかもしれないですね。

私たちが海外旅行などするとき、パスポートさえあれば海外に行けますよね。

実はこれって日本人としての大きなメリットなんです。

パスポートが「ビザ」の役割を果たしてくれるのです!

もし私たちが日本人でなければ、行く国によってはビザが必要になります。(ビザについて知りたい方はこちらをご覧ください。)

ちなみに、日本商品を爆買いで話題の中国。

彼らがパスポートのみ(ビザなし)で行ける国の数は、たったの44ヶ国です。

こうやって比較してみると、日本人としての特権は大きいですね。

 

しかし、こんなにも大きなメリットがあるにも関わらず、日本人のパスポート保有率はたったの24%

非常に少ないですね。

ちなみに、イギリスは70%のパスポート保有率です。

カウンセラー時代、確かにパスポートをこれから取得するというかたが多かったのでうなずけます。

 

ですが皆さん、私たちは生まれる国を選ぶことはできません。

海外生活をする中でも、海外旅行に行っても、日本人のパスポートが羨ましいと言う外国人の方に何度も会っています。

実際に私が働いているファームにいたネパール人は密入国者たちでした。

このことだけを見ても考えさせられました。

 

先人たちが世界からの信頼を得て、経済的のも大きな影響のある日本に生まれただけでも幸運なことだと思います。

そんな環境に生まれたからこそ、また今後さらなるグローバル化が進む中でこのアドバンテージを利用しないのはもったいないと思います。

今の日本人は内向的とよく言われますが、これから嫌でも海外に出る機会は増えてきます。

まだパスポートをお持ちでない方は、取得だけでもしておけば海外に出るきっかけの一つになるのではないでしょうか。