こんにちは、3号です。

今日からのテーマはショッピングで使える短縮系英会話です。
海外留学でも、買い物をしないで生活が成り立つことはありません。
買い物する時のパターンは多いので、1つ1つ抑えていきましょう。

 

27add532d701c07e2f782b6287995d6c_s

【パーティ用の食べ物を買いに行かなくては。】

・I have to go shopping for some food for the party.
・I need party food.【省略形】

I need~ と言えば、「~を買いに行かなければ」というニュアンスにもなります。

英語としても、こちらの方が自然です。現地で生活していると、少しずつ単語の意味のニュアンスが体で分かるようになります。
机に向かって勉強しているだけでは、ニュアンスまで掴むのは難しいかもしれません。
体で英語を覚えていくという部分は、留学だけの最大の特徴かもしれません。

~応用編~

・お食事券を持っています。
We have meal coupons.

【ビーチに行くのは止めて、買い物に行こうよ。】

・Instead of going to the breach, let’s go shopping.
・Let’s go shopping instead. 【省略形】

「その代わりに」という意味の instead を最後につければ、「ビーチに行く代わりに」という意味になります。
「Instead of~」高校英語で習いますが、忘れている人も多いはずです。
たまに使う表現なので、覚えておきたい単語です。

~応用編~

・変わりにイタリアンにしない?
Why don’t we have Italian instead?

・その代わりに映画でもどうですか?
How about a movie instead?

【買い物に行く時間はないのですか?】

・Don’t we have time to go shopping?
・No time for shopping? 【省略形】

No time for~?(~する時間はないのですか?)という言い回しを覚えておきましょう。

色々な場面で使えるので、とても便利です!

~応用編~

・ビーチに行く時間はないのですか?
No time for the beach?

・コーヒーを飲む時間はないのですか?
No time for coffee?

【閉店前にお店に着きますか?】

・Will we be able to get there before the store closes?
・Can we make it before the store closes?【省略形】

ここでの make は「着く」「間に合う」といういった意味で使われています。
さまざまな意味を持つ make や get といった基本動詞を使いこなせるようになることが英語上達の秘訣だったりします!

~応用編~

・会議に間に合う?
Can you make it to the meeting?

・空港には間に合いますか?
Can we make it to the airport?

最後の make は、ネイティブにしか分からない表現かもしれません。
外国人でストレートに通じたら、相手は相当勉強している人でしょう。

get やmake のような基礎単語は、とても奥が深いです…
ネイティブと話すと、会話の理解度が極度にグンと下がるのは、外国人があまり使わない基礎単語を当たり前に使うからなんですね!