こんにちは、オーストラリアでワーキングホリデ

ー中の2号です。

毎回【現在、イチゴファームで働いています】と記載していましたが、先週シーズンが終了しました。
こんな急に終わるのか!?とびっくりするような突然の「終了宣言」。
幸運にも、私たちは数日前からその日でファームを終えるとボスにも話していたので、、、結果的に本当にナイスなタイミングでした。

市最終日には、ファーマー達でBBQで打ち上げをしたり。
料理を持ち寄ってホームパーティーをしたり。

IMG_2781

ハードなファームジョブ、一緒に働いていた仲間とは「連帯感」「達成感」が生まれますね。

今後は、皆バラバラの道へ進みます。
CITYに仕事を探しに行く人、ラウンドをする人、一旦帰国する人、次もイチゴファームで働く人、次もストロベリーファームで働く人。

、、、、、。

そう、意外にもまた「イチゴファームで働く人」多いんです。
最後、私たちの会話は主に「No more strawberry!!!!」「Sick of berry!!!!!」とかだったのですが。笑

c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_s

しかも、ワーホリ2年目の人が再度イチゴファームで働くんですね。
私たちのファームで、常時5位以内に入る稼ぎ頭の韓国人と香港人(ワーホリ2年目・様々なファーム、仕事を体験済)は言います。

「イチゴはべらぼうに稼げるわけじゃないけど、他に比べて重労働じゃなく、(お金も)そんなに悪くない」=【ちょうどいい】

また、私たちのファームでスーパーバイザーを務めている韓国人(ちなみに、既婚・子供2人・とてつもなく働き者)も言います。

「結論・イチゴが一番良い!!」

私は、イチゴファームでしか働いたことがないので比較は難しいですが、
他のファーマー経験者からの意見・そして私の経験から今回は「ファームジョブをするならイチゴがおススメ」な理由をお伝えします。
(あくまでも個人的な意見なのであしからず!!)

ファームジョブをするならイチゴがおススメの4つの理由

【トロリーを使える】

イチゴトロリー

これが一番大きいと思います。大きな理由は下記2点!!

・座ってピッキングができる
他の作物は、立ちながら・腰をかがめながらというのが多いと思います。
「腰をかがめる」この行為、本当に辛いんです。腰を痛めたら本当に仕事になりません。

・屋根が影を作ってくれる
ファーマーの天敵は、そう太陽!!
「日焼けする~」とかそんな理由ではなく、太陽は私たちの体力を奪うのです。
位置によっては影ができませんが、シャツ等をトロリーにくくって自分で影を作ることも可能!!

先述した韓国人スーパーバイザーの言葉で言うと「トロリー is fucking GOOD」という事です笑

ちなみに、ビクトリアの方ではトロリーを使わずにハンドピッキングのファームもあるとの事なのでファームに行く際は必ず確認してみてください!

【1年中エリアによってでシーズンがある】

イチゴピーク

イチゴ

比較的、栽培が簡単と言われるイチゴ。
オーストラリアは大きいので国内でもエリアによって気候が変わってきます。
その為、イチゴはエリアによってシーズンが異なり1年中栽培されます。

上記2つの図は、ファームをする方ならチェックした方が良いオーストラリア政府が出している「HARVEST GUIDE」から一部抜粋しました。
一番目の図はクイーンズランド州(私たちが働いていた地域です)、2番目の図はビクトリア州。
こう見ると、ほぼ1年ピークがあるのがイチゴなのです。

*補足
HARVEST GUIDEには、オーストラリアのどの地域で、どんな作物が、いつ収穫されるのか!が載っているファーマーにはありがたいGUIDEです。
これを軸にファーム探しをしてみると、シーズンが分かりやすくてGOODです。

【ピークが長い】

摘んでも、摘んでも実をつけるイチゴ。
エリアや品種によっても異なりますが、ピークが約3か月と長い=その期間稼げるという事です。

上記のHARVEST GUIDEからの抜粋の2番目の図を再度、見てみると。
チェリーの短さ、イチゴの長さに注目してください。
歩合制が多いファーム仕事、作物をもぎ取ってそれが給料になります。
そう、ピークの時期じゃないと「稼げない」のです。。

【果実が程よい大きさ】

image1

基本的に、ピッキングは採る作物が大きくなる程、重労働。
ピッカーはその作物をトレーやビンに入れながら進むのですが、もちろん作物が大きいと満杯になったトレー・ビンも重くなります。
ブルーベリー、ラズベリーじゃ小さすぎ。
シトラス、メロン、キャベツは大きすぎ。
という事ですね。
片手でピッキングでき、一度に両手で5~10摘めるイチゴは良い大きさです。

まとめ

image4

結論。上記4つの理由からイチゴは、
「トロリーを使え、簡単にピッキングでき、ピークが長く、習得したピッキングスキルを持って他のエリアのファームでまた稼げる」
ちょうどよい作物である。

実際、私は3か月で70万程稼ぎました(TAXが引かれた後の金額です)。
車も購入し、たまにプチ旅行を2回し、最終的に貯まったのは約40万ぐらいです。
節約したのですが、車の初期費用に充てた分が意外と大きかったです。

トップピッカーは1か月に50万弱稼いでますが!!
もう、いちごモンスターですね笑

イチゴファームを終え、無事にセカンドビザの取得権利も得た私たち。
次は、シドニーでCITY JOB!

それでは、また。