こんにちは、オーストラリアでワーキングホリデー中の2号です。

突然ですが、【日本の交番の凄さ】を知ってますか?

KOBAN

有名な話ですが、交番は日本独自のシステムなんです。

日本の治安維持に重要な役割を果たしている「交番」。

近年、日本の治安維持とともに世界が注目する「KOBAN」!!

 

今回は、「KOBAN」の有難味とオーストラリアの警察の不便さを実体験を元にお伝えします。

 

【オーストラリアの警察は24時間やってない???】

なぜこの記事を書いているかというと、、、先日やってしまったんです。

ついに。

警察のお世話になってしまったんです。

、、、、、。

悪いことはしていません。

はい、クレジットカードとキャシュカード無くしちゃったんです!!!

6a8d49a05ba33818a6bd969cf0de02f8_s

アルバイト先への提出書類のひとつに「クレジットカード・キャッシュカード等のコピー」が必要だったのでOffice Workでコピーしたんですね。

そしたら、コピーした原本取り忘れちゃいました。

よくやるんです、私。。。

 

気付いたのは、家に着く直前。すぐにOffice Workに電話するが時すでに遅し。

とりあえず、カードを止めて。

日本のカード会社の人からのアドバイスでクレジットカードが使われた時の為に警察署に行って書類をもらう事に。

 

近くの警察署を調べると、、、、車で15分ぐらいの範囲に2つ程あり。

そして、この2つの警察署は「Open 24 Hour」と記載あり。

 

なんで、わざわざ24時間営業だと記載???

 

そして警察のホームページを少し見ていると、目を疑う事実を発見!!!!!

「Not Open 24 Hour」という文字が!!

12287138_872804389507739_1498128839_o

いやいや、レストランじゃあるまいし、、、

警察って普通24時間やってるでしょ!!

 

そう、ここオーストラリアでは「24時間営業じゃない警察署」があるんです。

(もちろん24時間やっている警察署も多いですよ、市街地はほとんどそうです。ですが郊外のほうにいくと。。。)

 

日本では考えられないですが、これが海外かと実感!!

【世界で一番治安が良い!?日本の治安】

オーストラリアの24時間やってない警察署事件にカルチャーショックを受け、日本の警察・治安について考える私。

そして一つの場面を思い出すのです。

 

少し話は反れますが、それは私がアイルランドに留学中の事。

スピーキングの授業で「自国の軽犯罪」についてディスカッションする機会があったんですね。

学校

このトピックが一番困ったのを覚えています!!

英語で説明できないからという訳ではなく、日本は治安が良いので特に語ることがないんです。笑

 

他の留学生はと言うと、、、ブラジル・メキシコ・スペイン、、、出てくるは出てくるは各国の犯罪事情。

「こんな犯罪が多い」などなど。

 

先生にもっとしゃべれと言われても、どんな犯罪が多いかと言われても、、、、

「あえていうなら万引き???」「いや、ほかの国の人の話聞いてると、他国と比べたら多いとは言えないよな、、、」と。

そこで、日本って治安良いんだなと客観的に感じたのを覚えています。笑

 

肌で感じる治安の良さだけでなく、実際のとこ日本の治安はどうなのか。ちょっと調べてみました!!

2015年世界治安ランキング(イギリス・エコノミスト新聞)で「東京」が世界一位の治安の良い都市に選ばれたんです!!!

*記事内容は「BUSINESS INSIDER AUSTRALIA」参照

9e8914f577171df9d218234123025351_s

このランキングは犯罪率等というより「デジタルセキュリティ度」「医療保障度」「インフラストラクチャーの安全度」「個人の安全度」という項目で分析した結果の様ですので一つの参考にという感じです。

ですが、日本(東京)が第一位です!!!

順位は以下の通り。

1位 東京(日本)

2位 シンガポール

3位 大阪(日本)

4位 ストックホルム(ノルウェー)

5位 アムステルダム(オランダ)

6位 シドニー(オーストラリア)

7位 チューリッヒ(スイス)

8位 トロント(カナダ)

9位 メルボルン(オーストラリア)

10位 ニューヨーク(アメリカ)

全体的に、大都市がランクインしてますね。

 

では警察官の数ではというと、アメリカ・トルコに次いで3位。

人口が違うので比較はできませんが、犯罪率が低い日本という環境を考える多い気がしますよね。

 

【世界が注目する日本の交番制度輸出へ!!】

治安の良い国・日本。

そんな治安維持に一役かってるのは「交番」というシステム。

オリンピックを控えているブラジル(サンパウロ)にKOBAN制度を輸出したことは有名な話ですよね。

 

どんな効果があったかというと、、、

ブラジルの最も治安の悪い地域の一つハニエリ地区。ここのエリア、1カ月に発生する殺人事件の数が40件超え(1995年調べ)という恐ろしい治安。

Kangaroo

交番の導入によって数年後、1年間で3件へと激減したようです!!

 

凄い!!!

 

他にも、台湾・観光・シンガポール・ハワイ・インドネシアにも輸出しており地域の治安維持に一役買っているんですね。

この「交番制度」は、最も成功した国際貢献ともいわれているようです。

 

【まとめ】

今回、海外で初めて警察署に行って感じた事、、、、。

「日本の警察って親切だな」そして「交番って相談しやすいな」という事。

今回、カードを紛失後すぐにカードを止めたので特に警察も出来ることはなかったと言うのはわかるけれど、「私たちに出来ることは何もない」というスタンスから入る感じが日本と大きく異なるなと。

そして思い出すと、高校生の時定期を忘れて駅前の交番で懇願して電車賃を借りたことがあるなと思いだしました。

きっと、それって凄いことだと今だからこそ感じます!!!

 

日本の治安よさ、そして同時に海外に来た際は意識を変えて気を引き締めなくてはと再確認!

皆さんも、十分に気を付けてくださいね。

 

それではまた。

 

(追記)

ちなみに、海外に行く前に見てほしい映画が「フォーカス」。

内容は簡単にいうと、スリの話。

あの手、この手で組織的にスリをするプロのスリ集団。こ、、、怖いよ、、、海外。

と見たら必ず思うと思います。

実は、日本からオーストラリアに来る際に機内で見た映画なのですが、この映画を見て私はすごく気を引き締められました!!!

機会があったら、是非皆さん見てみてください。

*関連記事:映画フォーカスについて*

いざオーストラリア!!快適なJET STAR の旅!?(関空ーケアンズ)