こんにちは、オーストラリアでワーキングホリデー中の2号です。

日本では、数年前から「クラフトビール」人気が高まっていますよね??

実は、アイルランドでビールの美味しさに目覚め、帰国後ちょっとだけ東京のブルワリーレストランでバイトをしていた私。

もう、クラフトビールの美味しさに魅了されています。笑

そんな私に、ここオーストラリアは天国です。

サンシャインコースト7

クラフトビールの種類の多さ!!!そしてそれが飲めるBARの多さ!!!

まさにオーストラリアは【クラフトビール天国】!!

今回は、オーストラリアのクラフトビール事情についてお伝えします。

【オーストラリアのビール事情】

オーストラリアのアルコールと言えばワインが有名なのですが、実はビールの種類も多く「ビール天国」なんです。

オージーもビールが大好きで、消費量が世界第七位という数字も!!

オーストラリアで圧倒的に飲まれているビールは「VB」だったり「XXXX」だったり。

QLD

全体的に、日本の代表的なビールに比べて「スッキリ」とした味わいでゴクゴク飲めてしまうビールが多いのが特徴です。

ですが近年、オーストラリアでもクラフトビールブームがあり現在ではビールの定番になってきています。

BARだけではなく、リカーショップでも多くのクラフトビールを見ることができます!!

ホームパーティーやBBQではゴクゴク飲める「VB」「XXXX」等が依然として根強い人気ですが、

ラグビー観戦

BARでは新しいクラフトビールに挑戦!!がオーストラリアでビールを楽しむコツですね。

*関連記事:オーストラリア・アルコール事情

「オーストラリア・アルコール情報」ビールは【ALDI】で買え!1本1ドル切った!!

オーストラリアから食レポ!第三弾【カスクワイン・CASK WINE】!!

オーストラリアから食レポ!第二弾【バンダ―バーグ ラム】!!

【クラフトビール基礎知識】

BARでオーダーする時に最低限押さえておきたいビールのタイプ!!

これが分かれば、自分な好きなビールに出会いやすいはず!

「ピルスナー」

私たちに一番身近なビール。アサヒ・サッポロ等はピルスナー。

オーストラリアで言ったらVB・XXXX等!!

「ペールエール」

クラフトビールの中でも一番種類が多いのではないでしょうか。

クラフトビールに初挑戦するならとりあえずペールエールから始めてみましょう。

ブロンズ色のしっかりとした苦みと、爽やかな柑橘系の香りのあるビールがペールエール。

「アンバーエール」

琥珀色のボデーのしっかりとしたビール。

焙煎したモルトを使用してるので、スタウト(黒ビール)の要素が入ってます。

簡単に言うと、ペールエールとスタウトの中間がアンバーエール。

「IPA」

呼び方は「アイ・ピー・エー」、略さないと「インディアン・ペール・エール」。

通常のペールエールの3倍のポップを使っている苦み・香りが強いのがIPA。

なぜインディアンかというと、大航海時代にイギリスがインドにビールを運ぶ際にビールが腐らないようにポップを大量に入れたこと(ポップに防腐剤の働きがある)が起源だとか。

「ヴァイツエン/ウィートエール」

いわゆるベルギービールやドイツビールに代表される「白ビール」。

原料は小麦と大麦、通常ビールの原料は大麦なので小麦を使用してるのが最大の特徴。

白く濁った、苦みのないフルーティーさが特徴のヴァイツエン/ウィートエール。

オーストラリアでは、ほとんど見ない気がします。(瓶ではもちろん売ってますが)

「スタウト」

ギネスに代表される黒ビールの事!

焙煎したモルトを使うので、味はビールというよりコーヒー。

そして炭酸を楽しむスッキリとした味ではなく、チビチビとそのどっしりとしたボディーを楽しむタイプのビールです。

【個人的おススメビール】

香りと苦みを楽しめる、ペールエールがやっぱりおススメ!!

定番なので、どこのBAR・リカーショップでも見つかるはずです。

「Coopers Brewery Original Pale Ale」

J01159-003-Bitmap-RGBLarge_1-520x285

「 James Squire One Fifty Lashes Pale Ale」

js-one-fifty-lashes

「White Rabbit」

whiterabbit_19v7u6u-19v7u72

【日本のクラフトビール事情】

クラフトビールの火付け役「よなよなビール」は今やコンビニでも買える時代になりました。

そう、今日本はクラフトビールが熱いんです!!

事の始まりは約20年前、酒税法改定により少量生産可能になった事がきっかけです。

その後は町おこし的な要素で各地方都市にブルワリーができ地元の名産を取り入れたビールが作られたりしていました。

が、そんなに美味しくもなく、、、。笑

一旦は下火になりますが、醸造技術も向上しビールのレベルが上がった事もあり、ここ数年再ブーム到来!!

今では、世界大会でも上位に入るブルワリーも多く出てきました!!

今後の更なる展開が楽しみです。

ちなみに、、、、日本でおすすめなブルワリー!!

T.Y. Harbor Brewery

東京・天王洲アイルにあるブルワリーレストラン。

ty8

定番のペールエールはもちろん、月の限定ビールも用意しているのでそれを楽しみに毎月通っちゃいましょう。笑

料理もボリューム満点!!ランチメニューもコスパがよく美味しいので、ねらい目です!!

大山Gビール・ビア ホフ ガンバリウス

鳥取にあるブルワリー。

IMG_0027

毎年秋に(大体10月から12月)飲み放題を行うんです!!なんと時間無制限で1,000円!!

しかもここのヴァイツェンはワールド・ビア・アワードで世界1も獲得しているんです。

なかなか行かない場所ですが、機会があったら是非旅行がてらに行ってみてください!

私は毎年行ってます。笑

【まとめ】

ビールと言えば、ドイツ・ベルギー・イギリス等を思い浮かべる事が多いと思います。

が、意外と知られていないオーストラリアのクラフトビール事情!!

オーストラリアに来たら、是非チャレンジしてみてください。

そして、オーストラリアをラウンドする時、地元のBARではその地位オリジナルのビールがきっとあるはず。

店員さんに、おススメを聞いてみるのも旅の醍醐味だと思います。

それでは、また。