皆さんこんにちは。

田中です。

今回は弊社オズウェルトでご紹介しております、フィリピン留学についてご案内します。

オーストラリア国内からでも行けちゃう「フィリピン留学」

皆さん、フィリピン留学という言葉を聞いたことありますでしょうか?

近年、格安かつ効果抜群ということでメディアにも多く取り上げられており、非常に話題になっているのがフィリピン留学です!

この人気はとどまることを知らず、2010年には約4,000人、2015年には約35,000人の日本人留学生がフィリピン留学をしています。

人気急上昇の理由としては、欧米留学と比較したときの授業料の驚くべき安さと、短期間で効率的に英語力を上げられるシステムが整っているということが大きな理由の一つです。

近年、世界中のコールセンターのフィリピンへの進出や有名企業の進出など、フィリピン人の英語力は世界中から定評があり、2013年には世界で最もビジネス英語能力が高い国1位にも選ばれています。

今後、フィリピン留学の需要は更に伸び、人気はどんどん高まっていくことでしょう!

フィリピン留学はこんな人にオススメ!

※以下はオーストラリアの弊社Auswelt(オズウェルト)のHPからの引用です。

・ワーホリ1年目で英語力が思ったほど伸びなかった。もっとスピーキングを伸ばしてワーホリ2年目を充実させたい!

・このままの英語力では日本に帰れない!

・TOEICのスコアを上げて日本の就職活動に生かしたい!

・英語を基礎から学び直したい!

・もっともっとスピーキングを伸ばしたい!

・TOEFL対策をして海外の大学進学を目指したい!

・マンツーマンの密な英語環境で学びたい!

・IELTSでスコアを取り、海外の大学・専門学校やビジネス・永住権の申請をしたい!

フィリピン留学にはどんな魅力があるの?

※以下はオーストラリアの弊社Auswelt(オズウェルト)のHPからの引用です。

  • 充実のマンツーマンレッスン、長時間集中授業

英語力は実際に話した量に比例すると言われています。フィリピン留学では1日に約4〜8時間のマンツーマン授業を受けることができます。授業の大半は生徒に話す機会が与えられ、特にスピーキング力アップへの効果は絶大です。また、マンツーマン授業となるため、自分のレベルに合わせて授業が進み、グループレッスンとは違い周りの生徒のレベルに合わせる必要はありません。更には先生に授業内容をリクエストすることもでき、自分の弱点や学びたいことを学ぶこともできます。

 

  • 費用と時間を節約&充実の設備

フィリピンの物価は日本の1/3と言われています。また、ほとんどの学校では留学費用の中に宿泊施設、1日3回の食事、ランドリーサービス、ハウスキーピングが含まれています。つまり、生活費用を大幅に抑えることができ、更にはマンツーマン授業による密な英語環境が整っていることから、短期間の集中した英語学習に最適です。学習スピードは豪州や欧州の約3倍とも言われています。

 

  • 親日家のフレンドリーな国民性

フレンドリーで親日家が多いのが特徴のフィリピン。フィリピン人の中には、日本に憧れを持っていたり、様々な面で先進国である日本人を尊敬している方も多く、更には同じアジア圏ということで親近感も湧きやすいことから仲間意識も非常に強いです。南国特有のオープンマインドな明るい性格もあって、すぐに彼らと友達になれるはずです。

 

  • 世界で3番目の英語人口であり、日本から最も近い英語圏

意外と知られていませんが、フィリピンでは過去にアメリカの統治を受けていたこともあり、共通言語は英語です。なんと、英語を話す人口はアメリカ・イギリスに続いて世界第3位。フィリピンでは小学校から英語教育が始まり、大学では特別な授業を除いては全て英語で行われます。
街に出れば看板はほとんどが英語、TV番組も英語で放送されているほどです。
また、フィリピン人のビジネス英語能力は、なんとアメリカを抜いて第1位。近年、フィリピン人の英語運用能力は世界中から認められ注目を集めています。
そんなフィリピンですが、日本から飛行機でわずか4時間30分という距離にあり、最も気軽に行ける格安の留学地となっています。

 

  • 7107個もの島々からなるリゾート地フィリピン

太平洋に浮かぶ7000以上もの島々からなる国、フィリピン。週末には格安でマッサージやエステ、ショッピングなど、バラエティ豊かな楽しみ方のできるリゾート地です。特に5スターのビーチリゾートはリゾート地として完成されており、毎年多数の観光客が訪れる非常に魅力的な場所となっています。
中でも、ダイビングやシュノーケリング、ジェットスキーなどのマリンアクティビティーは、日本やオーストラリアに比べ格安で楽しむことができます。こういった東南アジアならではの環境もフィリピン留学の大きな魅力の一つです。

 

  • 安心のサポート体制、設備充実の重要性

東南アジアの中でも住みやすい国と言われるフィリピン。とは言っても、まだまだ発展途上国であるフィリピン。生活環境や治安などに関して不安に思われる方は多いかと思います。
しかし、ご安心ください。フィリピン留学は基本、全寮制となっており24時間体制で学校スタッフがサポートします。また、多くの学校では日本人スタッフが常駐しており、英語力に自信がない方でもご安心いただけます。
食事も学校が毎日3食準備し、掃除や洗濯も全てスタッフが行ってくれますので生活面の心配はご不要です。また、多くの学校の寮には生徒がリフレッシュできるように、プールやスポーツジムも設置されています。費用を抑えつつ、欧米留学よりも快適な生活が送れるというのも大きな魅力の一つです。

フィリピン基本情報

※以下はオーストラリアの弊社Auswelt(オズウェルト)のHPからの引用です。

国名 : フィリピン共和国
首都 : メトロ・マニラ
人口 : 約1億100万人(2015年・フィリピン国勢調査)
面積 : 29万9404km2(日本の約8割の広さ)
政体 : 立憲共和制
宗教 : カトリック83%・キリスト教10%・イスラム教5%・その他2%
時差 : 日本との時差は1時間
通過 : フィリピン・ペソ

フィリピンは1年を通して暖かい熱帯性気候であり、年平均気温は26~27℃。
雨期(6~11月)と乾期(12~5月)がありますが、地域差があり、セブでは1年を通して明確な雨期はありません。
服装は1年を通して日本の夏もので大丈夫です。
ただし、機内・ホテル・デパートなどは冷房冷房を効かせすぎる傾向があるので羽織るものがあると安心です。
また、日差しが強いので、日焼け止めやサングラスがあると便利です。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?

フィリピンの魅力は伝わりましたか?

アジアが大好きな私はフィリピンにも何度か行きましたが、本当に住みやすくおすすめの場所です。

昔に比べると治安も良くなってきているので、女性の方でも全然大丈夫です!

フィリピン留学は基本全寮制なので安心ですし、物価も安く勉強する場所としてもリゾート地としても最高です。

最近では本当によく感じますが、オーストラリアにワーキングホリデーに来る方で、フィリピンで留学してからオーストラリアに来たという方が本当に多い!!

皆が口を揃えていうことは「フィリピンで勉強してからきて本当に良かった!」ということ。

やはり、マンツーマンレッスンの威力は凄いようで、短期間でも一生懸命勉強すればみるみるうちに英語力が上達するようです!

また、オーストラリアでのワーキングホリデーが終わってから最後にフィリピンで語学学校に通い日本に帰国するという方も増えているようです。

帰国後の就職活動に活かしたいという方、最後に英語力をブラッシュアップさせてから帰国するという方法もおすすめです。

 

オズウェルトでは、皆さんの留学が充実したものとなり、目標を達成できるように全力でサポートさせていただきます。

<オーストラリア現地留学エージェント>

Auswelt(オズウェルト)

<URL>

http://auswelt-ryugaku.com

<連絡先>

・HPのお問い合わせフォーム
・メール:info@auswelt-ryugaku.com
・LINE:auswelt-au