こんにちは、田中です。

最近、仕事の関係上で語学学校を訪れることが多く、毎日せかせか歩き回っています。

今回は、語学学校を訪れることで改めて感じた、留学・ワーキングホリデーをより充実させるために必要な「勇気」について書きたいと思います。

語学学校を訪れると、みなさん楽しそうに学生ライフを送っているのですが、多くの留学生を見る中で、私が初めてカナダ留学をしたときのことを思い出しました。

カナダに到着後、語学学校に半年間通ったのですが、はじめてクラスに入ったとき他国の学生さんがものすごい勢いで英語を話していたことに圧倒されたのを覚えています。

それはもう凄かったです!

決して正しい英語を話している訳ではありません。

英語が間違っていたとしても構わずマシンガントーク。。強者だらけでした。

また、ホームステイもカナディアンファミリーという絶好の英語環境でしたが、初めは言いたいことが上手く伝えられずもどかしさを感じたのを覚えています。

特に、私は基本的に話し始めるとマシンガントークになりずっと話続けてしまう方なのでなおさらでした。。。

ご相談いただく留学希望者の方によくお話をしていますが、自分の留学生活をより充実させるための方法の1つは、『勇気』を持つことです。

どんなに自分の英語力に自信がなくても、恥ずかしがらずに積極的に話かける事が大切です。

よくある日本人の特徴として、「間違っていたらどうしよう。」「しっかりした文法で喋らないと。」「日本人がいる前だと喋りにくい。」といったお声もよく耳にしますよね。

私も最初は少なからず同じ気持ちもありました。。。

最初は、中々思うように意思を伝えられずに悔しかったり、悩んだりすることもあるはずです。

ですが、英語を学びに行っているのですから初めはできなくて当然です。

誰でも最初から流暢な英語を話せたら苦労はしません!

ただ、それでも必死になりながらも喋ろうとする、伝えようとする、その行為自体に意味がありますし、間違えながらも何度も実際に声に出す事によって英語力は上達していきます。

お友達を作る、お仕事を探す、コミュニティーに参加する、どれも最初は少しの勇気がいるはずです。

何度も経験できるものではない『留学・ワーキングホリデー』をより充実させる為に、少しの「勇気」を持つ。

これだけは忘れずに最高の留学・ワーキングホリデー経験をしていただきたいと思います。

当HPでご紹介させていただいておりますオズウェルトでは、みなさんの1番近くに立ち、親身になって留学・ワーキングホリデーを応援させていただきます。